生熊酒造株式会社 – 慶応元年創業 拘りの酒「超群」|生熊酒造株式会社
今も、昔も変わらない味

お知らせ

生熊酒造とは 生熊酒造とは

醸造どころ東城

生熊酒造の創業は慶応元年。
現在のブランドである『超群』は昭和元年に誕生。
蔵では、カルスト台地の湧き水を仕込み水に、蔵の井戸から汲み上げる城山の水を割り水に使用し、米は比婆の酒造好適米。まさに、大地が育んだ東城の清酒です。
日本酒は、世界でも類を見ない手作りの醸造技術に支えられる酒である以上、造り手のこだわりや思いが、その味ににじみ出ていることも事実であります。酒は味わってみないことには旨さも味もわかりません。

東城の地酒『超群』、それにかける若き蔵人達の熱い思いを是非とも味わっていいただきたい。広島の酒のすばらしさを、広島だけでなく全国の方々に味わっていただきたいのです。
生熊酒造では蔵の見学も随時受け付けております。迷路のように続く蔵の内部を歩くと、麹室や仕込み室、検査室や蔵人の寄宿所などを見ることができ、酒造りの工程や、携わる人々の様子を感じ取ることができます。
国定公園に指定された帝釈峡。桜や紅葉のシーズンには祭りやイベントが開催され、町が賑わいます。東城の旧い町並みをぶらりと散策するのもおすすめ。

生熊の酒 生熊の酒

超群

精魂を傾けて醸し出した、自慢の最高級品。
超群は連山の中でひときわそびえる富士山のように、また群鶏の中の一鶴のように酒造界に秀でることを念願して名付けられました。
特徴は辛口であること。しかし、そう感じさせない奥深さも備え、帝釈台地から流れ出す清流の旨みを感じることができます。

ご購入はこちら
蔵見学について 蔵見学について
メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ
ページの上部へ

© 2016 生熊酒造 All rights reserved.